[おもしろ3Dアート」の活用法。 広告、宣伝チラシの裏面を[おもしろ3Dアート」で飾ろう。

空白エリア
空白エリア
||→3Dアートの活用方法



3Dアートの可能性(ポテンシャル)はブームが去った今でも高いと思っています。3Dアートをどんな風に使うにしても、その一番目のキーワードは、立体が飛び出して見えた!見えない!分からない!と仲間同士が盛り上って仲良くなれるコミニュケーションツールだといえます。このことをふまえて、3Dアートの可能性を考えていきたいと思っています。

今回は3Dアートを広告、宣伝チラシの裏面に利用する方法です。

多くのチラシは一度見てもらえても、いずれは捨てられる運命にあります。 印刷が表だけで裏が白紙であれば、メモ用紙、俳句の短冊になったりチラシの運命は激変しますが、チラシが刻まれてしまっては広告、宣伝としての用は足りなくなってしまいます。
そこで提案です!。